ペットホテルのうわさ
ホーム > > 卵の物価上昇、家計に打撃か

卵の物価上昇、家計に打撃か

スーパーでも物価変動が比較的少なく、「物価の優等生」と呼ばれている鶏卵。
今、卸売価格が高騰しているそうです。

夏の暑さで卵を産む採卵鶏が減って、出荷量が落ちたところへ、コンビニエンスストアのおでんやクリスマスケーキ向けの需要が例年より増え、需給に余裕がなくなってしまったことが要因だそうです。

「鳥インフルエンザが流行った2005年以来の高値」で推移され、スーパーなどの小売価格も卸売価格の上昇が反映され、農水省によると11月中旬は10個入りパックが206円となりこの3ヶ月で20円以上も値上がりしたそうです。

この状況で消費者の低価格志向が根強い中、スーパーは買い控えを防ごうと知恵を絞っているようです。
規格がふぞろいの卵パックを割安で販売したり、特売で扱う頻度を減らしながらも卵の格安の価格を維持するなど割高感の緩和に懸命になっているそうです。

卵が値上がりするのは家計に打撃の反面、使い勝手が良すぎて買わずにいられないと思います。
家族や自身がアレルギーでなければ週のほとんどで卵料理が食卓に並ぶお宅がほとんどでしょう。
我が家も朝ごはんにはほぼ必ずですし、朝出さなければ昼にチャーハンに使ったりなど常に冷蔵庫にある食品です。
あまり高値にならないで欲しいものですね。
効果になりすぎたときは銀行カードローンがおすすめです。
さらにこちら(⇒銀行カードローンばれない教本|知れば安心!家族に内緒の借入術で書かれています。