ペットホテルのうわさ
ホーム > 外壁塗装 > 外壁塗装光触媒で長持ちしてほしいけれど...

外壁塗装光触媒で長持ちしてほしいけれど...

20年前に家を建てた頃には、光触媒なんてことは耳にしたことはなかったと思います。ハウスメーカーに言われるまま、建築後10年で外壁塗装をしてもらいました。その頃には外壁は触ると手に白い粉が付き、色も新築の時に比べると随分褪せていたので、仕方ないかなぁと思いました。しかし、シーリングやサイディングのひび割れなどはなく、我慢すればあと2年ぐらいは持つのでは…という素人考えではありました。この度、また新たに家を建てるにあたり、家の顔でもある外壁をどうするかを考えた時、10年15年で外壁塗装をしてもらうのは辛いなあと思い、光触媒を選択しました。一番の理由は、耐用年数が20年位と聞いたからです。汚れも付きにくく、雨が降れば勝手に汚れを洗いながしてくれるイメージです。遮熱効果もあるとのこと。よくわからないけれど、空気の清浄化機能もあり環境にも良いとのことで、施工時多少価格が高くなっても、長い目で見たら、維持費・環境などいろいろ考えてみたら損はないのかなぁと思いました。しかし、日の当たらないところや雨が降っても濡れないところでは、せっかくの性能も発揮できないですね。それに表面の塗装はよくても、下地などにトラブルが起きては意味ないですしね。今はただただ、このきれいでトラブルのない状態が長持ちすることを期待するだけです。

マイスターホームの口コミ・評判・2chの評価・トラブルは?