ペットホテルのうわさ
ホーム > 現金化 > コーナンプロビジネスカード(マスターカード)

コーナンプロビジネスカード(マスターカード)

■コーナンプロビジネスカードは書類提出が面倒

建設自営業を営んでいる35歳、男性です。

毎日のようにコーナンプロで資材や建材を買うのですが現金払いではポイントが付きません。

 

しかしこのカードを使うと還元率0.5%と低いですがポイントが付きます。

ですので入会しようとしたのですがとにかく書類提出が面倒でした。

損益計算書や決算書、登記証明書などの提出を求められました。

 

通常のクレジットカードと違い、一応法人カードですので仕方がないのかもしれませんが、こちらとしては大きな金額の決済をするつもりもなかったので諦めようかと思ったぐらいです。

 

ただ、書類さえ提出すれば審査自体は甘いのか私の会社は事業規模や利益よ低かったですが問題なく通りました。

知り合いの会社も負債が多かったですが審査に通りました。

 

コーナンプロビジネスカード(マスターカード)使い勝手はいい

買い物する時のポイントはもちろんですが、最大5名まで発行できるので従業員に買い物してもらう時は現金やレシートのやりとりをせずにすみます。

もちろん全て年会費無料です。

 

また、伊藤忠エネクス系列だけですがガソリン価格が2円安くなります。

1日の走行距離が100キロを超えるので例え2円といえど1ヶ月単位で考えると大きいです。

 

後は通常のクレジットカードと同様に盗難補償や海外旅行時にお土産の宅配サービスがあります。

ただし他のカードでよくある空港でのラウンジの無料使用特典はありません。

 

個人的には興味がないのでどちらでも良いですが一応法人クレジットカードなのだからラウンジ特典ぐらい付ければいいのにと思います。

 

コーナンプロビジネスカード(マスターカード)デメリット

1番のデメリットはやはりポイント関係です。

還元率の低さも不満ですが、会計から割り引けないのはもっと不満です。

 

1000円の買い物で1ポイント貯まるのですが、200ポイント貯まると1000円分のコーナン商品券と交換できます。

なぜ1ポイント1円として使えないのか。

せめて200ポイント貯まったらレジで1000円引きにする仕様にすればいいのにと思います。

 

また、MASTERCard専用のクレジットカードなので他のブランドを選ぶことができません。

私の場合、コーナンプロ専用ポイントカードという感覚で使っているのであまり気になりませんが。

 

他にも、ショッピング、キャッシングともに上限が300万円は私にとって十分ですが会社の規模によっては少ないと感じるかもしれません。

クレジットカード現金化は違法ではなくグレー